海外のおススメダイビングスポット

おススメな海外ダイビングスポット

おススメな海外ダイビングスポットとは

日本から直行便で3時間半から5時間弱の範囲にあるのがパラオやサイパン。 どちらもメジャーなスポットですが、やはり人気のワケはその海の美しさにあるようです。 両国とも日本人向けのツアー会社があるようですので、日本から事前に予約、問い合わせができるのも安心ですよね。

ダイビングの経験が無い、もしくは浅い方でもOKの海外スポット

どうしてわざわざ国外にダイビングをしに行くのか?
その理由は明らかですね。
まず海の透明感や色が日本の暗めな海とは違います。
もちろん鹿児島、沖縄あたりでは明るい海もありますが海外まで離れるとその景色は一変します。
透明度はその場所により異なりますが、砂の色も違えば、そこに住んでいる固有種も違います。
海の世界は潜らないと本当の美しさを感じたり生態系を見たりすることはできません。
写真や動画とは違う世界が広がっているのです。
天気や季節によってもその見え方は違ってきますので、多くの方を魅了していてリピーターがいるのも納得です。
では、どこのスポットがお勧めなのか、既にご存知の場所もあるかもしれませんが、いくつかこのサイトでご紹介していきたいと思います。
東南アジアは日本からの距離が近いため、わりかし行きやすい所が多いです。
また、年間通して気候がほぼ一定で暖かいところが多いため、季節を問わずして楽しめます。
一方で南半球は日本と季節が真逆になりますから、日本の冬に行くことをお勧めします。
ご自身のダイビング経験やレベルによってもおすすめスポットは異なりますので、下調べを十分にしてから旅行へ行きたいものです。
有名スポットには日本のツアー会社やダイビングのお店が結構あるので、日本語のインストラクターを付けることも可能ですし、道具も現地でレンタルできる事が殆どです。
旅行ではできるだけ荷物を少なく移動したいので、用意するものがないのはとてもありがたいですよね。

ビーチからボートまで楽しめるダイビングスポット

シュノーケルでビーチ周辺の海を楽しむことも十分にできるスポットですが、ボートで少し沖に出るだけでまた違った景色を見せるスポットをこちらではご紹介します。 どちらも、初心者や中級レベルのダイバーが一緒に楽しむことのできるスポットで、旅行する仲間のレベルが上級以下であれば皆一緒に楽しめることでしょう。

真冬におススメな国と上級向けの国

冬の時期こそ南半球に行ってみてはどうでしょうか。 季節が逆転、飛行機に乗った時は真冬だったのに降りる時は真夏、とっても不思議な感じでおまけにその時期にダイビングできるなんて素敵です。 また、普通のスポットに飽きた上級者は紅海やフロリダへ行かれてはどうでしょうか。