おススメな海外ダイビングスポット

>

ビーチからボートまで楽しめるダイビングスポット

フィリピンのセブ島やボホール島は中級向き

セブ島はほとんどの方が耳にした事のある観光地ではないでしょうか。
日本からは5時間半程度で行くことができます。
海はエメラルドグリーンでとても美しく、サンゴとその周辺で暮らす綺麗な色や柄の熱帯魚を楽しむことができるスポットです。
季節によりみられる海の生物は様々で、ジンベエザメに出会えることもあるそうです。
その周辺にはたくさんの小さな島がありますが、同じくらい大きな島といえばボホール島。
ボホール島では春から初夏にかけ、マンタが見られ、年間を通してはパラクーダを見る事ができます。
ギンガメアジの大群に遭遇すると、もう海にいるというよりギンガメアジに埋もれているような体験をすることができます。
島周辺では初心者向けツアーも出ていますので、お連れ様が初心者の時は最初の数日初心者コースを体験し、中級コースへと進んでも楽しいかもしれませんね!

インドネシアのバリ島は初級から上級まで

バリ島は日本から飛行機で約7時間かかります。
こちらも有名な観光地の一つでご存知の方がほとんどかと思いますが、サンゴ礁に囲まれる島はとても綺麗でシュノーケリングでも十分楽しめるレベルです。
特にパダンバイという場所はダイバーが集まるところで、ダイビングのお店や安めの宿なども多くあります。
ブルーラグーンビーチという場所はその近くにあります。
近くまでは車で行くことができますが、浜までは徒歩です。
ダイバーのレベルに合わせて、このビーチでシュノーケリングでも良いですし、遠くの沖まで出てチョウチョウウオや海亀と一緒にダイビングを楽しむも良いですし、今流行りのインスタグラムにもってこいの写真が取れる事間違いなしと言えます。
また、年間を通して暖かい気候なのでいつ行ってもいい感じの水温で楽しめるのは嬉しいですね。